水晶文旦

 

旬:10月上旬~11月下旬

 

南国土佐の秋の特産品・水晶文旦

透き通るように美しい果肉、きめ細かく気品のある甘さの水晶文旦。
 
秋が旬の柑橘・水晶文旦は、温度管理や設備維持にコストがかかる上に、手間ひまかかる高い技術が必要なので、生産者が少なく、 希少なぶんたん です。

 

高知の豊かな自然と温暖な気候

 

高知の豊かな自然と温暖な気候

水晶文旦はハウス栽培でないとできない、とても繊細で貴重なぶんたんです。
 
日照時間が長く、一年を通じて暖かい高知県の気候が、おいしい文旦づくりに適しています。

 

10月~11月が旬の秋のぶんたん・水晶文旦

 

果皮は緑色でも、果実は食べ頃

水晶文旦は10月初旬ごろは緑色の果皮のものが多いですが、日が経つにつれ徐々に黄色くなってきます。
 
収穫してすぐの水晶文旦は果皮が緑色強いためにまだ若く見えますが、プチプチとした果肉の食感で新鮮な味わいをご堪能いただけます。
 
果皮が緑色でも、果実は食べ頃で上品な甘さのぶんたんです。
 
果皮の色が黄色くなってくると、果肉が柔らかくなり高級なゼリーのような食感で、お口に入れると溶けるような味わいが楽しめます。
 
追熟が進み果汁も多くなります。
 
全体的に凝縮されますので、皮と実がくっつき剥きにくい場合があります。

 

水晶文旦の大きさ

水晶文旦の大きさ

サイズの大小によって味の違いはほとんどありませんが、どちらかというと、小さいサイズの方が濃く感じられると思います。

 

 

文旦の剥き方・食べ方

 

水晶文旦の保存方法

 

お客様からの嬉しい声

 

包装・のし無料サービス

 

最高級だからこそのひと手間かけた工夫とこだわり

高級な水晶文旦だからこそ、見ためにもこだわっています。
極上の逸品を一つ一つ丁寧に、土佐和紙巾着で包みます。
高知県の特産品・土佐和紙を使ったオリジナル巾着で、おもてなしの「贈る心」を大切にご用意致します。
 
包装・のしは無料で承ります。
のしは原則内のし、オリジナル包装紙でお包み致します。

 

水晶文旦

極上の香りと気品のある甘さを
お楽しみください