フルーツキャビアとは、本名フィンガーライムというオーストラリア沿岸の 乾燥した熱帯雨林地域原産の柑橘です。
 
キャビアライム、ブッシュキャビア、ブッシュライムとも呼ばれ、赤・ピンク・緑・紫・白などたくさんの色と大小様々な大きなで品種が多く、全部で200種類以上あるといわれています。
 
フルーツキャビアの大きさは、だいたい長さ4~8cmの縦長のものが多く、表皮の肌は柑橘らしく、ライムなどと似ています。
 
切ってみると、果肉はサジョウが魚卵のように丸く粒状で、果実を指で抑えると、中からむにゅむにゅっと粒々の果肉が出てきます。その際果汁はほとんど出ません。
 
切った時にライムのようなさわやかな柑橘の香りがしますが、サジョウだけ手にとってもそれ程香りはせず、口に含んでもあまり味も感じません。
 
ところが粒を噛むと中から果汁がはじけ、柔らかい酸味と香りを感じます。
 
 
 
高校卒業後に家業の果樹園を継ぎ、柑橘栽培を始めて30余年。
 
生業にしている文旦や小夏の栽培だけでなく、たくさんの柑橘類を育て、今では「ブンタンマニア」を自負しています。
 
そんな私が新しく栽培を始めたのがこの「フルーツキャビア(フィンガーライム)」
 
2012年に栽培を始め、2015年の夏には初めての収穫ができました。
 
現在は約15種類・100本以上の樹を栽培しています。
 
フルーツキャビアは、実がなっているにも関わらず、次から次へと花が出てくる不思議な柑橘です。
 
新しい経験をしながら一番いい状態を探し、花が咲いてから5ヶ月頃が収穫時期だということがわかってきました。
それ以上になってしまうと、実が落ちてしまいます。
 
フルーツキャビアの栽培は始めたばかり。
まだまだ初めてのことだらけ。
毎日が新しい発見です。
 
新しい対策を繰り返していき、経験値を増やして安定した供給ができるよう努めております。
 
 
 
 
 
 
【材料 4人分】
スモークサーモン 80g
ケッパー 小さじ1/2(みじん切り)
あさつき(小口切り) 大さじ1
【A】
サワークリーム 45ml(約大さじ3)
マヨネーズ 小さじ2
胡椒 少々
チコリ 1~2個
フィンガーライム 適量
 
【作り方】
1. スモークサーモンはみじん切りにしておく。
2. ケッパーはみじん切り、あさつきは小口切りにしておく。
3. ボウルに①と②を入れ、【A】を加えて混ぜ合わせる。
4. チコリは外側からきれいにはがし、中心の小さい葉と芯の部分は縦にスライスしておく。
5. ④に③を乗せてからフィンガーライムを適量トッピングする。
  (セロリやカリカリに焼いたバゲットに乗せても美味しいです。)
  (ケッパーの代りに、グリーントマトピクルスもオススメです。)
 
 
 
 
 
白木果樹園のフルーツキャビア(フィンガーライム)はハウス施設で栽培しています。
 
苗木を手に入れ、栽培を始めた頃は先駆者もおらず、手探り状態でした。
 
現在も国内の生産者はごくわずかで国産のものは大変貴重です。
 
プチプチとした食感が特徴ですが、実が潰れなければ味も匂いもしないので、お料理のアクセントにぴったり!
 
シャンパンやカクテルに入れると、とても美しいドリンクに早変わり
 
最後の仕上げに、最高の一粒を
 
白木果樹園のフルーツキャビアをお使い下さい。