温室土佐文旦摘果作業

みなさん、こんにちは!

高知県は梅雨入りしましたが、良いお天気が続いております。

白木果樹園の温室施設では、水晶文旦と土佐文旦の摘果作業が最終段階となってきました。

品質の良い文旦を収穫するためには、木になっている文旦を間引いていかなければなりません。

小さいものや、形が変形なもの、傷のついているものを、木の勢いや実の数を見ながら、総合的に見て落としていきます。

落とし過ぎても実が大きくなりすぎたり、収穫量が減ってしまいますし、残し過ぎてもSサイズやMサイズのものばかりになってしまいます。

3回の摘果作業を経て、厳選された文旦がお客様の元へと旅立っていくのです!

カテゴリー: 今日の出来事。, 今日の白木果樹園, 土佐文旦の栽培日記 タグ: , , , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください