カタツムリの被害!


あまり見た目の宜しくない画像はお見せしたく無いのですが、
現実的な事も少し紹介させて頂きます。

この果実は、水晶ブンタンと云って、
文旦類の中では早生系に入り、一番早くから食べれる文旦なんですね。

温室施設栽培の早い物で9月中下旬から収穫され、出荷されはじめます。

この被害果は露地物で、殆ど農薬などを散布してなく、謂わゆる放任栽培。

放任しておくと、ご覧のようにカタツムリ(ウスカワマイマイ)に果皮を齧られて、
見た目の悪い酷い被害です。

もちろん露地物栽培だけでなく、温室施設栽培物も被害に遭います。

下の写真の様に果皮まで綺麗に作るのには、色んな対策が必要になります。

木の元に銅板を巻いたり、ボルドー液を塗ったりしています。

この種類の対策は忌避剤で完璧ではなく、
隙間や草などから這い上がり被害になります。

農薬自体も殺傷できるのが少なく、
あくまで忌避剤(近づくけない)だけの散布になっております。

うっかりしてたら、たった一晩でこの様な被害になり、商品価値がなくなります。

度々細心の注意払い、的確に忌避することにより綺麗なひとつの果実が出来上がります。

色んな苦労の末に、お客様にお届けしている事をご理解頂けたらと思います。

カテゴリー: 今日の出来事。, 土佐文旦の栽培日記, 白木果樹園の農作業日記 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
果実そのままの香りと風味、贅沢でフレッシュな味わい【果汁100%ジュース】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください