摘果作業の難しいところ

摘果作業の難しいところ!

日本の栽培方法で一般的に柑橘類は、摘果作業(実の間引き)を行います。

特に文旦などの大型柑橘類は、必ずといって必要です。
理由は大型果実を作る必要があるからです。

5月の人工受粉を行なった実は、活着が良ければかなり多くの実がついています。

その沢山成っている果実から、消去法で悪い物から順番に除けていきます。

変形の物(右端)、平均より小玉な物(右より2番目)、
黒点などでキズの付いたもの(左より2番目)などを除けていきます。

これだけならまだ解りやすいし簡単なんですが、
文旦ならではのサイズ(2L〜3L)を収穫しょうとすると、
枝葉の勢いを見ながら数を調整しなくてはなりません。

葉数に対しての実の数(1個に対して100枚〜120枚)が決まっているので、
どれを残すかにより秀品率が決まってきます。

贈答用の高価な果実を多く収穫したいので、
選別に選別を重ねて1個の文旦が出来上がるのです。

カテゴリー: 今日の出来事。, 園主のつぶやき, 白木果樹園の農作業日記 タグ: , , , , , , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
ぷりっとした歯ごたえと、上品で深い味わい【水晶文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください