土佐文旦の生産状況を10年スパンで検証してみた!

天候に左右される柑橘類は、10年スパンで見ると、

 

私が栽培をし始めた、1980年~1985年位は、

非常に良い年が続き、1990年前後に悪い年が34年あり、

1995年から平年並みの年になり、

 

また、2000年前後は良かった年が多く、20032006年位まで

良くない年になり、2010年にかけて良かった年になっていきました。

 

2010年前後で5年にかけて非常良い年がありました。(史上最高)

その後、2013年前後は平年の作柄でしたが、

20162018年産は、良くない年が続き現在に至っております。

 

大体34年の周期で味の良い年(天候の良い年)と悪い年が、

順番に訪れているようです。

 

カテゴリー: 「今昔物語」, 園主のつぶやき, 土佐文旦の栽培日記 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください