2017年産の土佐文旦について・・・・


昨年(2016年春出荷)の露地物土佐文旦は、
2015年秋の天候に恵まれ非常に良い出来で、
皆さんに大好評を頂きました。

また食べたい!今年もあの味を食べたい!

と期待をされている事と思います。

2017年春に販売予定の
土佐文旦は、2016年秋の長雨や高温で
色づきが遅れ中味の充実も遅れました。

例年なら暮れの12月中には酸味が強かったり、
酸と糖のバランスが悪く食べられないのですが、
本年産は、甘味は少し少なく感じますが酸味も少なく
暮れウチから食べやすい味になっております。

個人差的にお気に召さない方もいらっしゃるかも
知れませんが、今年の味わいが例年の
土佐文旦の味わいと思って頂ければ幸いです。

自然界の物ですので、年により甘さが強い物が出来たり、
酸味が控えめな年もあったり、年ごとの味わいがそれぞれ違います。

フランスワインの有名な生産者さんが云っていたことがあります。
「不味い年なんてない!その年の個性があるのだ!」

と、わたしも生産者の一人としてこの言葉にうなずけます。

「その年、その年の個性を味わって頂きたい!」

今年の土佐文旦も正に
「2017年産の個性的な味を、楽しんで頂きたいと切に思います!」

カテゴリー: 告知!ご紹介!ご案内!, 園主のつぶやき, 旬の味覚!「春のフルーツ特集」 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください