水晶文旦は、なぜ緑色なのに美味しいのか?

文旦類の中でも早生系になります。

皮は秋が深まると最終的には黄色くなりますが、皮より中身の方が早めに熟れてきます。

黄色くなるまで置いても大丈夫ですが、糖度の高いものは砂嚢が硬くなり硫化症になることもあるので、その前に収穫します。

果皮が緑色なので酸っぱそうに見えますが、以外に酸味を感じず甘味とのバランスが優れ、初めて食べられた方でも上品な甘さにきっと感動するはず。

只今第一弾を収穫ちゅうですが、1〜2週間追熟させて発送します。

もう少しで発送しますので、楽しみにしちょって下さい

水晶文旦 なぜ 緑色

カテゴリー: 今日の出来事。 タグ: , , , , , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください