種の無い文旦

今年の文旦は頭(なりかん)の高いのや、お尻が引っ込んだ物が多く、いわゆる家庭用が沢山あります。

そんな中、小ぶり(Sサイズ)な文旦を半分に切ってみました。… ご覧の様に、中には種が無く種なし文旦になってます。

これは受粉交配が不十分なため出来た 果実です。

文旦の場合、確実を実らせる為に他の花粉をつける訳ですが、他の花粉をつけると種がビッシリと入ります。

種が入る事により子孫を残す為に栄養が種に集中します。

したがって種の入った果実は種なしの果実からすると、糖度が1度ほど高くなり、甘くて美味しい果実が実る訳です。

種のある文旦は面倒だな!と思われがちですが、種のある事の大切さを味わって頂けたらと思います。

大きいと食べごたえもありますよ!

カテゴリー: 今日の出来事。, 園主のつぶやき, 土佐文旦の栽培日記, 珍しいもの タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください