文旦類のマメ知識NO.1。

日本に最初に伝わって来たのは獅子柚。この獅子柚も文旦類の仲間です。

奈良時代中国に日本から遣隋使が派遣された際、僧侶が持ち帰ったそうです。

中国では昔から漢方薬のひとつとして重宝されてました。

『良薬苦し』という言葉通り、文旦類の皮の部分はとても苦いので主に腹痛などに使われていたらしい。

現在でも利用されています。

余さず使う先人の知恵ですね!

カテゴリー: 園主のつぶやき タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください