苦しい時には根をはる!

今年の文旦山の樹々は、芽立ちが青々として勢いが違います。

それは昨年の夏の干ばつの時、雨が降らないので枯れそうになってました。
しかし、枯れそうな状態でも根は土中の水分を求め根を伸ばします。秋には樹上とは裏腹に表土いっぱいに広がった根は、雨が降ると一気に水分を吸い上げ、次の年の芽立ちを助長し根を張った分だけ芽が出るのです。

自然界は常にハーフANDハーフで、振り子が振り過ぎると逆に振り過ぎます。

人間でも苦しい時こそ我慢をし、次のチャンスが訪れるまでの準備をする事が大切です。

自然の中で作業をしていると、色々と教えられる事ばかり

毎日が一年生です。

カテゴリー: 今日の出来事。, 園主のつぶやき, 土佐文旦の栽培日記 タグ: , , , , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください