金柑の花

普通の柑橘類は、初夏の5月に花が咲きますが、この金柑は夏場に花が咲きます。

夏場に咲くと云う事はある程度の温度が無いと咲かない習性があり、寒い地域では育ちにくいと云う事です。

収穫するのは真冬の12月下旬より1月にかけて。

当園の地域は昭和の初期には、日本一の生産量があったそうですが、今は数本しか無いようです。

カテゴリー: 今日の出来事。 タグ: , , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください