年中文旦

文旦と言うと春の露地物の「土佐文旦」が生産量が圧倒的に多く、文旦=土佐文旦のイメージになっていますが、主に高知県内ではこの4種類が栽培されています。

収獲される順番に紹介すると、春花が咲いて一番早く収獲されるものがハウス栽培の「水晶文旦」で、文旦類の中でも早生系になります。

次に収獲されるのが、「温室土佐文旦」でこれは、春の露地物の土佐文旦をハウス栽培にしたものです。

そして、一番生産量の多い露地物の「土佐文旦」が12月下旬~1月中旬に収獲され、追熟を経て春の2月~3月に出荷されます。

最後は夏ぶんたんで、これは花が咲いてはるまる一年以上樹上でなっていて、遅いものでは7月頃まで収獲されます。

土佐文旦以外は樹の種類が違い、栽培方法収獲方法など全くちがいますし、お味の方もそれぞれ特徴がございます。
季節ごとの味わいが楽しめます。
つづく・・

写真: 文旦と言うと春の露地物の「土佐文旦」が生産量が圧倒的に多く、文旦=土佐文旦のイメージになっていますが、主に高知県内ではこの4種類が栽培されています。 収獲される順番に紹介すると、春花が咲いて一番早く収獲されるものがハウス栽培の「水晶文旦」で、文旦類の中でも早生系になります。 次に収獲されるのが、「温室土佐文旦」でこれは、春の露地物の土佐文旦をハウス栽培にしたものです。 そして、一番生産量の多い露地物の「土佐文旦」が12月下旬~1月中旬に収獲され、追熟を経て春の2月~3月に出荷されます。 最後は夏ぶんたんで、これは花が咲いてはるまる一年以上樹上でなっていて、遅いものでは7月頃まで収獲されます。 土佐文旦以外は樹の種類が違い、栽培方法収獲方法など全くちがいますし、お味の方もそれぞれ特徴がございます。 つづく・・
カテゴリー: 園主のつぶやき, 文旦博物館 タグ: , , , , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください