甘味(糖度)と大きさの法則

水晶文旦

水晶文旦の糖度(甘み)と大きさの法則。

右のはしから、大玉約650g、中玉約500g、小玉約400g,小々玉約350g。

糖度が高いのは小さい物から高く、

大きくなるに連れ糖度が低くなります。

収穫間際まで水切りをすればするほど糖度がアップしますが、

玉太りは悪く大きくなりません。

大きくしようとすると水を与えなければないので、

糖度が上がりません。
そんな中でも、糖度が高く大玉の物がでると、

大変貴重な厳選された、特上水晶文旦になります。

カテゴリー: 土佐文旦の栽培日記, 旬の味覚!「秋のフルーツ特集」, 美味しい食材・食べ物 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください