露地物土佐文旦の摘果!本年三回目!

土佐文旦

久しぶりに別の山へ行くと、

木によってはこじゃんと成って、樹が枯れやあせんろうか?

と思うばあ一杯なっちゅう木があった。

この木は、1回目の摘果作業の時にあんまり

摘果せんかって、2回目の時に忘れちょったがにかあらん!

慌ててもいた!

土佐文旦

鈴なりになっちょったがが、

こればあに少のうなるがよ!

良い実ばあ残してあとは切落とさないかんがよ!

土佐文旦

別の実を見よったら、こんな実があった。

通常じゃ解らんろうけんど、

土佐文旦

左、正常な実       右、おかしい実

正常な実は、まだこんな青々としちょるけんど、

異常な果実は早ちっくと色が薄れようろう。

これを切ってみると、

土佐文旦

ほら見て!中の種のところが茶色いろう!

虫が入っちょって中から腐りよらあね。

普通ならこんな実は暮れの収獲までは、

落ちて腐るけんど、早めにもいじょかな(切り落とす)

他の実が太らなあよ!

今日はお彼岸で休みの日じゃけんど、

わしゃ仕事せないかんがぜよ!

カテゴリー: 今日の出来事。, 園主のつぶやき, 土佐文旦の栽培日記 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください