浦の内へ機械を貰いにいく!

浦の内

ここは須崎市は浦の内。

今日は釣りではありません。

浦の内

でもなぜか船に乗って行くのです!

文旦畑

ある防波堤の湾の中に行くと、こんなに広い文旦畑が広がっております。

2haはあるんじゃないだろうか?

かなり広い畑です。

動噴機械

実はこの動噴霧機械を貰いに来たのです。

機会をポンプを外して、順番に運びます。

デヒゼルエンジンは200kgほどもあるので、

男子4人で運ばないと重くて仕事になりません。

浦の内湾

なんとか船着き場まで運んできました。

今日は大潮で潮の上げ下げが一番大きい日。

この大潮の満潮を見計らって船に積み込みます。

この文旦畑は、道路が付いていなく今まで船で運んでいたそう!

渡辺さん夫妻

80歳を過ぎた渡辺さん夫妻は、50年以上もみかんや文旦を

栽培してきたが、流石に年齢と老いにか勝てず、後継者もいないので

栽培するのをやめるそうです。

そこで、そのままほったらかしにしてしまうと、

機会ももったいないので、私にヤルとのこと。

この機械新品で買うと80万円もするのでもったいない!

そこで私が頂きました。

浦の内

夕方になり満潮がくると船に積み込み出航!

夕日がまぶしく輝いてます。

クレーン

船着き場に着くとクレーンでいとも簡単にトラックに積み込み終了!

渡辺さん夫妻の郷愁が漂います。

みんなある時代を精一杯生きてきて、一代を築いてきました。

しかしながら時代と共に移り変わり、継続することが難しい昨今!

当園もいつかこうなるか?

と考えさせられる一日でした。

吉田類

夜はすっかりお疲れモード!

市場の仕入れから帰ってきて、一杯やります。

月曜日は、お楽しみの

「吉田類の酒場放浪記!」

これを見ながら飲むひとときが一日の疲れを癒してくれます・・・・

カテゴリー: 今日の出来事。, 園主のつぶやき タグ: , , , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください