四国のお茶

26.jpg

四国でも瀬戸内は開けた平野が多く広く見えるが、
太平洋側のの地域は山岳地帯で厳しい山々が
多く過疎地も多いです。

そんな過疎地の収入源は、お茶が主流です。

以前の高知のお茶は静岡茶の原料として
取り扱いされていましたが、生産地表示が
主流になった昨今、自力でブランド茶を
作らなければなりません。

高知のお茶は静岡茶に負けない
味と香りがありとても美味しいです。

写真のように大変険しい場所で
栽培されているものが多く、
生産するのにも苦労が半端ではありません。

今後、過疎化に歯止めをかける意味でも
山岳地帯のお茶を是非召し上がって頂きたいものです。

カテゴリー: 美味しい食材・食べ物 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください