「竜馬がゆく!」(司馬遼太郎作)


司馬遼太郎の「竜馬がいく!」立志篇

初めて読んだのが中学3年生?高校一年生のころかな?

立志篇は、子供のころの落ちこぼれの時代や
成長して行くに連れどんどんと吸収し、
剣の道ではずば抜けた才能を現すところが
面白いですが、

今になって読み返してみると、
学生の時に読んだ感覚と違う味わいが出てきます。

特に当時の土佐人の生活習慣や武士の世界の
上下関係、また頻繁に出てくるお酒を中心とした
人間関係など。

見方を変えれば時代背景や土佐人気質に
ついつい頷きながら相槌を打ちたくなります。

半年前より寝る前に読んでいますが、
4?5ページ読むと眠くなるのは年のせい。

なかなか進まないところは学生の時代とちがうとろかな?

カテゴリー: 園主のつぶやき タグ: , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください