どんぐり

4.jpg
どんぐりの木が農道へ倒れてきて道がふさがっていました。

木になったままのどんぐりは最近見ることがなかったのですが、
珍しくこどもの頃を思い出しました。

小学低学年の頃、親父が椎の実をフライパンで炒って
パチンと弾けたところでつまみにして食べていました。

分けてもらい食べると子供心に美味しいと思い、
次の日に友達と連れ立って山で椎の実探しに行きました。

ズボンの両方のパケットに入らないくらいとり
意気揚揚と帰って親父にみせると、

「こりゃ全部どんぐりじゃ!」

とのこと。

ガッカリしたのを思い出します。

その後、椎の実ばかりを採ってきて、小さな油紙袋につめて
椎の実売りやさんごっこをしたものです。

通りかかりの叔父さんが1袋20円で買ってくれて、
友達みんなでお菓子を買って食べた思い出が、
セピア色になって甦えってきました。

カテゴリー: 園主のつぶやき タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください