琴弾八幡宮秋の大祭

28.jpg
本日は、琴弾八幡宮秋の大祭でありました。
土佐文旦の生産地として名高い戸波地域ですが、
地域の守り神さまとして崇めたれていて氏子も
沢山いらっしゃいます。

戸波地域16地区を8区に割り振り、
8年に一度当やが回ってきます。
本年は土佐文旦発祥の地でもある「宮ノ内」
の当番年です。

地区上げて総出で準備や祭りに加わり夜まで盛り上がりました。

特に「ハナ」と言われる天狗のお面をかぶる
役目は未婚の若い男性があたり大役です。

鬼のお面に髪として付けられた、木削り巻きを
鬼から奪い取ると厄除けになると言われ、
35年程前の小学校の時には争ってとって鬼に竹の竹刀で
叩かれたものでした。

当時は境内の通路には沢山の屋台店が並び
色んなものを売っていたことを思い出します。

現在は1軒もでません。

秋になると各地で神祭が盛んに行われますが、
年配者が多くなりまた若者の信仰もなくなり
年々寂しいものになっています。

でも日ごろ声をかけて話したことのない年配の方や、
若い方と酒を酌み交わしながら仲良くなる
格好の社交場でもあります。

カテゴリー: 今日の出来事。 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
果実そのままの香りと風味、贅沢でフレッシュな味わい【果汁100%ジュース】
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください