土佐文旦の交配作業がはじまりました。

7.jpg
いよいよ本日より土佐文旦の交配作業が始まりました。

交配作業とは?

世界中の柑橘類の中で唯一交配をしないと
良いものが収穫できない果実が土佐文旦なんです。

土佐文旦は自家受粉(自分の花粉)がしにくく、
他家受粉(他の品種の花粉)にて交配させます。

他の品種とは小夏の花粉なんですが、
開花する1日まえの蕾が大きく膨らんだものを
一個一個蕾を採ります。

1日に使う量がだいたい10リットルバケツ3杯分なんです。

わずか1?2cmのものをコツコツとバケツ三杯も採ることは
大変な作業でもありますが、その採取した花粉を1個1個
文旦の花に付けていくのも大変な作業です。

当園だけでも25?30名ものアルバイトの方を雇いつけますが、
まるで花に群がる蜂のよう。

手間隙かかりますが、お金もバカになりません。

だから良い文旦が採れたときには
高くなるのです。

今年は天候に恵まれそうで豊作型かな??


カテゴリー: 土佐文旦の栽培日記 タグ: , , パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください