文旦が小斑症に・・

22d0c23d.jpg今年の文旦は例年に比べ糖度が高く
濃い味になっております。

昨年の秋(10?11月)に天候に恵まれすぎまして、
この間殆ど雨が降らず、日照時間も多く果実に十分な栄養(アミノ酸)が溜まったお陰で美味しくなりました。

そして、今年に入り異常な暖冬。

冬らしい寒さも殆ど無いまま二月というのに
気温がグングン上がり、もう殆ど完熟で終盤の
味になってしまいました。

お陰でご覧のように「小斑症」という病気になり
ハネ物続出で御座います。

これは中身の追熟が進みすぎた関係で超完熟になり、

「早く食べて?!」

とシグナルを送っている状態です。

こんな小斑症の出たものは日持ちがしませんが、
大変美味しいのでお得です!

こんな文旦見かけたら食べ頃です!

カテゴリー: 土佐文旦の栽培日記 パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください