文旦カブト虫

15.jpg

夏を代表する昆虫と言えば!

「かぶと虫」ですよね!

小学校の頃は、夏休になると毎日のように
捕まえに行きました。
でもなかなか捕まえることはできず、
夜、家の光をめがけて飛んできたカブト虫を
大事に育てていました。

7?8年ほど前より、土佐文旦の剪定した枝や幹などを
集めてきて、畑に山積みにしておりました。

2年目頃よりカブト虫の幼虫を見かけるようになり
3年目には大繁殖。

今では毎年カブト虫を販売するまでになりました。

特に土佐文旦の枝を集めて堆肥にしたものに
発生したと言う事で、昨年NHKにも取り上げられ、
「文旦カブト」とまで異名が付いたほど。

写真では軽トラックの横に山積みされた枝ですが、
手前の方は、ペシャンコ状態の堆肥に・・
一年でこんなになります。
全部カブト虫が食べたせいでこんなになったんですよ!

昨年は2000匹以上でましたが、
今年は何匹でるかな?

今月末からが羽化の始まりになりそうです!

カテゴリー: 土佐文旦の栽培日記 パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
ぷりっとした歯ごたえと、上品で深い味わい【水晶文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください