四万十のお茶

3d08013f.jpg

先日窪川の方へ行ったときに、
地元のお茶と言う事で進められました。

「四万十蛍」という大豆入りほうじ茶。

大豆の香ばしい香りがよくてスッキリして凄く美味しいんです。

山田さん:
「これは最近できたばかりのお茶なんですよ!」

と言う事で茶園や大豆畑そして作っている
作業所へ案内をしてもらいました。

おばさんが2人でせっせと大豆をお鍋で炒めて、
袋詰めしています。

「え??えっ!」

「こんな手作業なの?」

「そうなんですよ!」

「手作業じゃないと味わい深い
お袋の味がでないんですよ!」

こりゃたまるか!

手作業でつくると沢山作れない。
一日に150袋程度しかできないそうで、
手間隙かけています。

山田さん:「手間隙かけたおふくろの味を
      販売してもらえませんか?」

とのこと。

二つ返事で「はい!」

と言ってしまいました。

近じか販売するつもりです。

美味しいんだから・・・

カテゴリー: 美味しい食材・食べ物 パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください