やまもも

2268f245.jpg南国高知の夏の代表的な果物のひとつ「やまもも」

梅雨空の中、赤く色づいた果実が木枝一杯になります。

品種はカントンという大玉種で、赤くというより黒く色づいたほうが
甘くなります。

その他に、小玉のカメゾウという品種も有名で、
昔からある品種はこちらになりますね!

中国南西部が原産で広東省などで沢山あるようです。
ライチとも親戚みたいなものですね。
(葉っぱが良く似ている)

子供の頃は、木に登りおやつ代わりに毎日食べていました。
最近はそんなに食べたいとは思わなくなりましたが、
東京のお客様からこの時期毎年ご注文があるので、
取りに行ってきました。

山と言っても果樹園の中にあるのではなく、
当家のお墓の周りにあるのです。

やぶ蚊がブンブンと飛び交う中、せっせと収穫しましたが、
果実が小さいのでなかなか思うようには採れません。

1時間あまり収穫してやっと1人前のご注文分をとることができました。

甘酸っぱい果肉が特徴で、昔を思い起こさせてくれます。

焼酎につけてやまもも酒などで頂いても美味しいです。

↓現在のお薦めの商品はこちら↓
http://www.buntan.com/fruit/juice/juice.htm


カテゴリー: 旬の味覚!「夏のフルーツ特集」 パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください