柿の由来、成分

7372b900.jpg●カキの木科の落葉高木。歴史の古いくだもので、
中国から伝わった。
近年はアメリカ大西洋沿岸、イタリア、ニュージーランドでも
栽培されている。種無し、種あり、渋柿、甘柿がある。
————————————–
昔から「柿が赤くなると、医者が青くなる」と言われるほど、豊富な栄養素を含むくだもの。
渋柿と甘柿があり、ともにカロチンやビタミンCが多く含まれる。カロチンはビタミンAになって、目の角膜や粘膜、全身の上皮組織を健康に保つ働きがあるとともに、免疫機能を守り、成長を促進する作用がある。
ミカンの2倍含まれるビタミんCは、美肌に、かぜなどのウイルス病の予防に、ストレスに、抗がんにと効果がある。若葉のころの葉にもビタミンCが多いので乾燥させ、柿の葉茶にして飲む。
カリウムは利尿効果があるとともに、ナトリウムの排出をうがして、高血圧を防ぐ。
一般的に二日酔いにきくとされる。

カテゴリー: 旬の味覚!「秋のフルーツ特集」 パーマリンク
 
<今が旬!おすすめ商品>
爽やかな早春の香り【土佐文旦】
 
【文旦屋・白木果樹園】ネットショップへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください