文旦屋・白木果樹園トップページへ
文旦屋・白木果樹園TOPへ
文旦屋・白木果樹園、会社概要
文旦屋・白木果樹園のぶんたん山から
文旦屋・白木果樹園でのお買い物ガイド
文旦屋・白木果樹園へのお問い合わせ
お客様の声
文旦屋・白木果樹園のお客様専用ページ
買い物カゴを見る
白木果樹園、園主:白木浩一
ようこそ、白木果樹園へ!
白木果樹園旬の売れ筋ランキング
ウェブマガジン旅色の高知グルメ&観光特集に紹介されました
四季の文旦
 
春『土佐文旦』
夏『夏ぶんたん」
秋『水晶文旦』
冬『温室土佐文旦』
お買い物ガイド
ギフト包装について
よくあるご質問
文旦屋・白木果樹園へのお問い合わせ
お問い合わせ

電話番号
088-855-1352
(9:00~17:00)

FAX番号
088-850-3260

【お問い合わせ】

 
◆今月・来月の定休日◆
色つきの日がお休みです

○文旦
土佐文旦
夏ぶんたん
水晶文旦
温室土佐文旦
晩白柚
○小夏
甘熟とさ小夏
土佐小夏
○みかん
ハウスみかん
カネタケハウスみかん
雨よけみかん
温州みかん
○その他柑橘類
国産グレープフルーツ
しらぬい
ポンカン
フルーツきんかん
八朔
せとか
なつみ
河内晩柑
宇和ゴールド
○マンゴー
アップル土佐マンゴー
○生姜
新生姜・囲い生姜
ハウス新生姜
○フルーツトマト
高知県産フルーツトマト
土佐まほろばトマト
○梨
浩果園の梨
浩果園の新高梨
豊水梨
新高梨
○メロン
北村さんのマスクメロン
北村さんの文字入りメロン
エメラルドメロン
江本さんのマスクメロン
○スイカ
江本さんの小玉スイカ
江本さんのアンテナスイカ
○頒布会
四季の文旦頒布会
季節のフルーツ頒布会
○オリジナル商品
「文旦しぼり」
「小夏しぼり」
「グレープフルーツしぼり」
ぶんたん山の蜂蜜
土佐文旦アロマオイル
土佐小夏アロマオイル
コンフィチュール
文旦と小夏の結晶玉
ドライフルーツ
おひさまジュース
シャーベット
○スウィーツ
文旦ゼリー
土佐の果実ゼリー
久保田のアイス
○お酒
文旦の酒
文旦ボトル
小夏リキュール
○お米
四万十仁井田米
○その他商品
ムッキーちゃん
あかうしと文旦のカレー
文旦の湯
坂本龍馬グッズ

土佐の「元気と美味しい!」の笑顔をお届けする
【白木果樹園・生産者グループ】

 

白木果樹園グループロゴ

 


私たち生産者グループは、自分が納得するものを作りたい
栽培したいと常日頃より考えて行動するこだわったメンバーです。
 
特に既存農協などによる生産方式、系統販売などに疑問を持ち
自分の作った作物に自信と誇りを持っております。

生産している作物は違うけれど、同じ志をもった者同時互いに切磋琢磨し
情報交換をしながら共に歩んで行きたいと思います。

どうか、そんな生産者グループを応援して頂き、支えて貰えればと思います。


 

白木浩一
白木 浩一
麻岡 哲也・真理
久保内浩一
久保内 浩一

 

山本高裕
山本 高裕
池明日詞
池 明日詞
辻 功
辻 功

 

矢野 順也
まほろば
濱田 真史
矢野 弘
矢野 弘

 

矢野友一
矢野 友一
江本浩一・美江
江本 浩一・美江
大北和
大北 和

 

森澤 一心
北村 峰則

 

白木果樹園グループロゴ

この白木果樹園・グループロゴマークの入った生産者ページは、
フェアトレードを理念として、当園契約栽培・委託栽培して頂いている
生産者のみなさんです。

なぜ?白木果樹園は色んな種類のくだものを販売しているの?

1996年11月よりインターネットを通じて販売を手掛け、2000年よりbuntan.comドメインを取得し本格的に販売しはじめましたが、お客様より色んな果物のお問い合わせが増えたり、美味しい高知の果物を売って欲しいなどの要望があり、少しずつアイテムを増やしてまいりました。
すると生産者仲間から、インターネットでの売り方を教えてほしいなどと度々相談があり、アドバイスなどもしましたが、結局生産者が生産をしながら販売もするという二刀流をこなせる方が出来ないのが現状です。
わたくし(白木)は、1980年より通販をしながら販売していた経緯もあり、インターネット販売が特別の物でなく、通販の一環として考えていたため苦も無く始めることができました。
 結局生産者の方々も忙しい合間を縫ってネット販売の勉強もままならないので、わたしども白木果樹園に「売ってください!」と頼まれるようになったのがはじまりです。

一所懸命生産する農家を少しでも応援したい!

生産者(農家)が販売する方法として、①農協に出荷して販売してもらう②量販店などと契約して販売③市場へ直接卸す、などの方法しかなかった時代がありました。いづれにしても他の方々に依頼して販売してもらうしか方法が無かったwけですが、その方法だけだとどうしても売り手が有利になりあくまで生産者は下請けでしかありませんでした。
特に産地化とかを目指す場合、品目を搾り大量生産をしてコストダウンばかりを強いられて味より見た目重視で、本当に生産者が納得をする栽培がされていなかったことがありました。
特に農協出荷の場合、良い物を生産する農家とあまり上手でない農家の作物が選果場で一緒にされ、実際お金を支払われる場合良い物の方と悪い物の方との平均をとり支払われておりました。すると、良い物を作る生産者はいつも損をすることになります。損をし続けると経営出来なくなり不満が溜り系統出荷から離脱することになります。
そうした離脱した生産者は、良い物を栽培できるが売るノウハウは無く、満足の行く収入が得られていないのに驚き、少しでも良い物を生産する農家を応援することになったのが始まりです。

生産者自らが値段を決める!
(フェアトレード)
一般的に生産者は、系統出荷や市場出荷した場合、青果業者や量販店などに値段を決められ費用対効果を計算して値段を決めることができません。
他人に値段を決められると十分な収入を得られないので、結局は生産することを諦めるしかなくなります。
自分で作ったものは自分で値段を決める!を念頭に生産者自らが納得のいく価格を決め、お客様にご理解を頂いた上で販売する(フェアトレード)というシステムを組みたいと考えられたのがこのグループでもあります。

 

 

 

 

文旦屋・白木果樹園トップへ

スマホで見る


雑誌掲載・テレビ取材等

マスコミの皆様へ
取材には出来る限り応じさせて頂きます。お気軽にご連絡下さい。
但し、無断で当白木果樹園の名前を使っての販売、それに準じた
行為等、お客様を困惑させる掲載及び紹介はご遠慮願います。

◇月別商品カテゴリー◇

文旦屋・白木果樹園お買い物ガイド